日中交流・奨学金・日本語卒業論文コンクール・経済視察団派遣・小学校建設など非営利法人として活動  

日中友好市民倶楽部 TEL/FAX 0192-26-4883
日本事務局 岩手県大船渡市立根町字田ノ上33番地1

     

最新活動情報

卒業論文大会

関連リンク

TOPページへ


第九回卒論大会

第八回審査員所感


倶楽部のご紹介

理事長のご紹介

主な活動内容

入会のご案内

奨学金の設置

活動情報の開示

ご入会方法


H20事業報告書NEW
H20収支計算書NEW

H19事業報告書
H19収支計算書

H18事業報告書
H18収支計算書

お問い合わせ、ご意見

質問フォーム

E-mail:
SNB35138@nifty.com






 
  特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部の紹介

 

■設立:1999年(平成11年)7月30日 

 特定非営利活動促進法に基づいて設立された公益的な活動をする法人で、岩手県知事から認証されました。

■主旨:歴史的事実を尊重しつつも、あらゆる困難な事態を乗り越え、日中双方の市民交流を通じて、真の相互理解と友好関係を樹立し、子々孫々に渡る交流の礎を築くことが、「日中友好市民倶楽部」設立の趣旨です。


日中友好市民倶楽部シンボルマーク

■理念:「天に星」、「地に花」、「人に愛」を、活動の理念として高く掲げます。

■理事長 : 小野寺 健  
■副理事長: 深谷 弦希

■所在:<日本事務局>
         〒022-0006 岩手県大船渡市立根町字田ノ上33番地1
         小野寺 健 TEL/FAX 0192-26-4883
         Email: SNB35138@nifty.com

      <中国事務局>
         〒071051 河北省保定市高新技術開発区朝陽路196号 
         星光国際商務酒店 B座802室
         小野寺 健   Email: SNB35138@nifty.com
         TEL 0312-3102261、FAX 0312-3102208

      <北京事務所> ※連絡先が変更になりました
         〒100022 北京市朝陽区東三環中路39号建外SOHO1号楼0606
         深谷 弦希  Email: tsuruki_@yahoo.co.jp
         TEL(86)10-5869-7504 FAX(86)10-8248-6809
         中国携帯電話(86)139-1068-6558

PageTop

  特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部 理事長のご紹介

 

氏名: 小野寺 健(おのでら けん)

岩手県宮古市に生まれる。岩手県立一関第一高等学校(応援団幹部)、慶應義塾大学法学部法律学科、慶應義塾大学司法研究室を経て、北京の国際関係学院を皮切りに、河北大学外国語学院、清華大学外語系、南開大学外国語学院、北京外国語大学日語系、北京大学外国語学院(大学院生)、北京第二外国語学院日語系、天津外国語学院日語学院、曲阜師範大学、山東大学、中国海洋大学、大連海事大学、大連大学日本語言文化学院、淮陰師範学院で、日本国概況、日本文化史、証券・金融に関する特別講座、日経STOCKリーグ、全国学生対抗円ダービー、卒業論文作成に関する指導を行う。

この間、河北大学兼職教授、北京大学慶応会顧問、曲阜師範大学外国語学院日語系主任教授(日本人として初めての重点大学主任)を歴任し、第八回日経STOCKリーグにおける大連大学日本語言文化学院の努力賞、第九回全国学生対抗円ダービーにおいては、天津外国語学院日語学院の優秀賞を導くなど、社会のニーズに対応した教育を、孤軍奮闘の形で実践している。

なお、人民日報海外版にも度々登場し、「中日友好民間大使」として紹介されております。

現職:特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部理事長
    有限会社鴻鵠総合研究所代表取締役社長
    保定星光鴻鵠汽車灯具有限公司董事長
    日中友好中国大学生日本語科卒業論文コンクール審査委員長
    淮陰師範学院客員教授

PageTop


  主な活動内容

 

■日中友好中国大学生日本語科卒業論文コンクールの実施

 主旨:専門性の高い日本語学習者を育成し、中国における日本語教育の指針を示し、 日本語教育の振興と学術の向上に寄与することを目的とする(論理的思考回路を身に付けた優秀な人材育成に寄与する)。
 2000年9月中国で初の試みとなった第1回は、河北大学で受賞式典と北京大学教授による記念講演を行い、日を改め清華大学を会場に、清華大学・北京大学・南開大学・北京外国語大学・中国人民大学・国際関係学院・北京第二外国語学院の学生が参加して、「21世紀の日中交流について」と題するパネルディスカッションを実施した。
以後、中国日本語教学研究会及び関係者のご協力を得て、毎年受賞式典と「卒業論文作成に関するセミナー」を開催しており、本年2006年8月をもって、第6回目を迎えるに至った。


■孤児、母子家庭、貧困家庭児童・生徒への学資援助

●吉林省、河南省、河北省で延べ500名に対して、学資援助をしております。
援助は主に、孤児、母子家庭、貧困家庭児童・生徒や、日本語学習の成績優秀者を対象としており、近年の援助実績は以下の通りです。

●北京第二外国語学院で一年半に渡り、成績優秀な日本語学部の学生二名に対し、年額4,000元の奨学金を支給しました。

●山東省日照市の実験中学校で三年に渡り、農民出身の成績優秀な学生五名に対し、年額3,000元の奨学金を支給しました。

●2006年9月から天津外国語学院で、日本語及び英語専攻の学生四名に対し、年額4,000元の奨学金を支給いたしました。


■日本語学部への講師派遣と学術援助
 河北大学、清華大学、南開大学、北京外国語大学、北京第二外国語学院、曲阜師範大学に講師を派遣し、金融・証券に関する講義を担当する他、学術図書、教育機器の寄贈を行いました。

■希望小学校建設事業
 中央政府の指定する最貧困地域のひとつ河北省唐県内の赤岳村に、地元政府、河北大学と協力して、希望小学校を建設する事業を計画しております。そこで、この事業に賛同される市民、法人のご協力を広く求めます。

PageTop


  日中友好市民倶楽部入会のご案内

 

NPOは新たな生きがいの場を提供いたします。あなたも是非活動の輪に!

1.設立の目的 この法人は、日本国及び中華人民共和国市民に対して、相互理解と友情を深めるための事業を行い、子々孫々に渡る交流と友好関係の礎を築くことに努め、アジアの平和と安定に寄与することを目的とする。

2.重点活動
●貧困家庭児童・生徒に対する学費援助
●中国の日本語学部に対する講師派遣と教育機材の寄贈
●日留学生に対する法律、医療、学習、生活相談の実施
●中華人民共和国内日本語学部の学術研究の進展に関する援助事業
●日中双方の市民交流による相互理解の促進

3.年会費送付方法
■日本国国籍を有する会員 2000円
郵貯-----------------------------------------------
      納付先: 郵便貯金総合通帳 記号 18350 記号 18071471
      名義: 特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部
銀行-------------------------------------------------
      納付先:岩手銀行 盛(サカリ)支店
      普通預金口座 1237035
      名義:特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部
          理事長小野寺健(オノデラケン)
---------------------------------------------------

■中華人民共和国国籍を有する会員 人民幣 100元
      納付先: 招商銀行北京分行
      口座番号: 0010 23267493
      口座名義人: 小野寺健

※会費は全額貧困家庭児童・生徒への学費援助、希望小学校建設に使われます。

4、入会方法
  国際交流に関心のある方ならどなたでも入会できます。
以下所定の記入事項を記載し、メール形式で、当倶楽部宛てに送信願います

  1.郵便番号 住所
  2.氏名
  3.電話番号、FAX番号
  4.E-mail アドレス
  5.入会の動機と抱負

 当倶楽部の会計年度は、6月1日から翌年の5月31日となっております。したがって、新会員は会費を指定の郵便総合口座か中国専用銀行口座に入金し,E-mailで入会手続きを済ませれば、倶楽部から入金確認とお礼のメールを送信します。 

5.入会に関する照会
照会先: 日本語(日本):特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部
      〒022-0006 岩手県大船渡市立根町字田ノ上33番地1
       小野寺 健
       FAX・TEL 0192-26-4883  SNB35138@nifty.com

       中国語(北京):
       韓葵 gdspk@public.bta.net.cn

6、補足

 特定非営利活動法人日中友好市民倶楽部は小さな団体ですが、日中友好議員連盟など実績のある団体と共に、人民日報インターネット版に友好団体として登録される唯一のNPOです。国家外国専家局とも友好関係にあり、退職後に技術や能力を中国で生かしたいと考えておられる方には、大学等の研究機関も紹介いたします。
 中国に関心のある方は、是非当倶楽部に入会され、新たな生き甲斐を見出されることを、お勧めいたします。

PageTop


  日中友好市民倶楽部、天津外国語学院に奨学金設置

 

 日本の特定非営利活動法人、日中友好市民倶楽部はこのほど、天津外国語学院で学ぶ貧困家庭出身の成績優秀な学生に、年間4千元の奨学金を支給すると発表した。対象となるのは、日本語、英語を専攻する貧困家庭出身の学生各2人で、奨学金は06年度の新入生から支給される。天津外国語学院で学びたい優秀な学生は今後、学費の心配をすることなく勉学に専念できるようになる。

 奨学金制度設置の調印式には、日中友好市民倶楽部の小野寺健理事長、天津外国語学院の修剛校長(学長)、同学院の関係学部教職員、学生代表が出席。式は和やかな雰囲気の中で行われた。

 日中友好市民倶楽部は、これまで河北省、吉林省、河南省、山東省、北京第二外国語学院で学費援助を行っているほか、曲阜師範大学(山東省) へ専任教員を派遣したり、日中友好中国大学生日本語科卒業論文コンクールを主催するなど、「顔と顔が見える」市民交流事業を展開している。


写真:調印式に出席した日中友好市民倶楽部の小野寺健理事長、天津外国語学院の修剛校長

「人民網日本語版」2006年1月15日

PageTop


  活動情報の開示について

 



 日中友好市民倶楽部は、その活動を広く知って頂くことにより、活動の透明性と健全性を高め、多様な批判やご意見を反映して、事業成果の検証と企画力を向上させるため、情報の開示に努めております。
特に、報道機関や公的部門に対しては、個人のプライバシーに関するもの以外の情報は、原則として全面開示を致します。
そこで、当倶楽部の活動について、お知りになりたい事項がありましたら、
日中友好市民倶楽部理事長・小野寺健
E-mail SNB35138@nifty.com
迄お問い合わせ願います。

(写真は2002年7月中国日本友好協会で、呉瑞鈞秘書長と懇談する小野寺健理事長)撮影者:劉文玉さん

PageTop



|  TOPページ | 倶楽部のご紹介 | お問い合わせ | 前頁に戻る |

Copyright (C)2007 NichuYuukouShiminClub All rights reserved